スポンサーサイト

  • 2019.12.11 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    床暖房開始しました。

    • 2018.12.01 Saturday
    • 17:04

     

    今年は11月21日に床暖房オンしました。だいぶ寒さを感じるようになって,21日の最低気温は5.8度となったためです。

    昨年は11月14日にオンしました。

     

    今年は昨年に比べだいぶ暖かい感じです。

    昨年は11月初めに,寒さに弱い植木類(パッションフルーツ,ハイビスカス,グァバ等々)を避難させましたが,今年はまだです。

    それでも朝晩の最低気温が10℃以下になると,床暖房の有り難さがよくわかります。

     

    そろそろ

    • 2017.11.01 Wednesday
    • 09:54

     

    11月を迎え,日によっては寒さを感じる時がでてきました。

    床暖房の出番が近いですね。

    明日(10日)の朝の最低気温は3℃!との予報が出ています。もしかすると初霜のおそれもあります。

    寒さに弱い植木類(パッションフルーツ,ハイビスカス,グァバ等々)を避難させました。

     

     

    昨年は11月上旬に床暖房の電源を入れました。

    今年は昨年よりも寒くなるのが早いような気がします。

     

     

    今日の記録2017/02/17と床暖房

    • 2017.02.17 Friday
    • 21:32

    JUGEMテーマ:太陽光発電

    JUGEMテーマ:床暖房

     

    今日17日の発電量の記録です。

     

    今日は春一番が吹いて,大荒れの天気でした。強い南風でしたが,乾燥していてほこりで真っ白になるくらい。

    ただし太陽はよく注いでくれました。

     

    発電量は39.19kWh。ここ数日は40kWh超えだったのでちょっぴり少なめです。

     

    売電量は31.83kWh。差し引き7.36kWh自家消費しました。

    今の時刻までの消費量は27.33Whです。ここ数日より2〜3kWh少なめです。

    春一番が吹いて日中の気温は20度を超えましたからね。暖かいと床暖房室外機もあまり稼働しないので消費電力も少なめになります。

     

     

     

    今朝は室温もここ数日より高めでした。

    床暖房の設定は9段階の最低レベル「お出かけモード」のままです。

    これは2F寝室の気温です。湿度が高めなのは,洗濯物を部屋干ししているためです。

     

     

    こちらはリビング。

    湿度32%。カラカラです。

     

    そして玄関の気温です。

    玄関は湿度高めです。隣に置いてある湿度を上げるための簡易加湿器(水の入ったスープ皿にマイクロファイバークロスを浸してある)のおかげでしょうか(笑)

     

    エアコンやストーブなど暖房機類は一切使っていません。

    ぽかぽかではないが寒さを感じない室内で,一日中普通の服装(厚着ではないが上衣を着用)で過ごせています。

    床暖房は素晴らしい。

    7時38分の外気温は2.8℃でした。

    7時には1.5℃でしたから,太陽が出て気温が上がってきたんですね。

    リビングは18℃台ですので外気温との差は15℃にもなっています。

     

     

    外気温は外部にある無線送信機の気温データを受信して表示しています。

    これが外にある無線送信機を兼ねた温湿度計。

    センサーを有線で室外に設置する必要が無いので非常に便利です。

    amazonで購入した中華製で信頼性が心配でしたが,今のところしっかり動いています。

     

    設置して3ヶ月たちました。単4電池2本で動作しますが,電池の持ちは未だ不明です。

    微弱電波を使用しているらしく,それなら電池はけっこう持つようですね。電波の飛びはせいぜい10m程度でしょう。

     

    今朝の気温と床暖房

    • 2017.02.05 Sunday
    • 11:38

    今日は朝から天気がはっきりしません。予報では午後から雨のようですが。

    建て替え後,家のあちこちに温湿度計を設置しました。

     

     

    今朝の外気温は3.3℃ですね。(外内気温度計 中段は室内温度 最下段が外気温)

     

    1階リビングは17.4℃。

    いつもより低めですね。(いつもは20℃近い)

     

    こちらは2階寝室ですが,19.2℃になっています。

    リビングより部屋が小さいのと2階なので暖気が集まっているのかな。

     

     

    こちらは玄関。玄関・廊下・和室には床暖房が入っていませんので,1〜3℃低めになります。

    エアコンやストーブは使っていませんので,家の中全体に暖気がじんわりと広がっているという感じでしょうか。

    湿度も若干高め。

     

     

    床暖のコントロールパネル。

    これが3セットついています。(L+DK+部屋4+トイレ2+脱衣所)

    暖房レベルは9段階調整できますが,最低レベル(おでかけモード)。

    これを11月上旬からずっと電源入れっぱなし状態にしていて,エアコンもストーブも温度調整もいらず本当に楽チンです。

     

     

     

    洗濯物は部屋干し。

    今日は雨の予報なのでもちろんですが,基本的に乾燥対策のために晴れていても部屋干しです。

    サーキュレータで乾燥の補助。

    この時期なら薄いものなら40〜1時間,厚手のものでも2時間ほど送風していると乾くようです。

    このサーキュレータはアイ○○オー○○製。某ディスカウント店で税別2英世円でした。

    首振りもするので重宝ですが,残念ながらタイマーがついていません。

     

     

    で,これを使って切り忘れを防いでいます。

    amazonで1英世円ちょいでした。

    デジタル式のタイマーも買ったんですが,デジタル式はタイマーセットが面倒。

    このアナログタイプが一番使いやすいですね。

     

     

    我が家の床暖房

    • 2017.01.26 Thursday
    • 23:38

    床暖房を設置しています。
    導入に当たっては,かなり費用がかかることもありだいぶ迷いましたが,全館床暖房のモデルハウス見学や実際に住まわれているお宅を見せていただいて,設置を決断しました。

    まだ3ヶ月ほどしか使用していませんが,結論から言うと「大正解」でした。
    もはや床暖房なしは考えられません。


    ほぼ全室床暖房です。
    リビング,ダイニングキッチン,両親寝室,夫婦寝室,子供部屋,トイレ,脱衣所に設置しています。廊下と和室にはありません。
    それぞれの部屋ごとにオンオフできますが,長期に空きとなっている子供室1室以外は基本的に電源を入れっぱなしです。床暖房の強さは最弱にしてありますが,朝の外気温が零下2,3℃のときでも1Fリビングの気温は18〜19℃です。設置していない和室と廊下は若干(2〜3℃)低めですが,家中、どの部屋、廊下に行っても「寒さ」は感じません。家の中での寒暖の差が無いのでとても過ごしやすく、昔の家の時のようにファンヒーターのある部屋から出たくなくなるなんてことがないので、真冬でも活動的な生活ができます。ただし,これは床暖房だけの力ではなく,高気密高断熱仕様による優れた断熱性能のおかげだと思います。我が家のサッシは樹脂製トリプルガラス仕様になっています。

     

    暖房の強さは最弱(9目盛り中の1番目)にしていても,「ぽかぽか」ではないですが「寒さ」はまったく感じません。布団に入ると日によっては暑いくらいです。ファンヒーターはもちろんエアコンも使っていません。エアコンは待機電力対策のため電源コンセントを抜いてあります。

     

     

    床暖房システムはダイキン製のヒートポンプ式です。これは、床の中に張り巡らされたパイプの中を通る温水によって床が温められますが,その熱源はエアコンと同じ室外機で屋外の空気中の熱を熱交換することで水温を保つ方式です。この温水は「不凍液」を使うシステムが多いようですが,ダイキンの最新型は「蒸留水」を使っています。不凍液を使うのは使用していないときの凍結防止のためと思われますが,蒸留水の方がパイプの目詰まりの心配がないというメリットがあります。
    また,このシステムでは,起動時(水が温まるまでの間)に電力を多く使い,一定温度に上がると使用電力が少なくてすむために,日中や深夜に電源を落とすよりも,一日中(というより一冬中)電源を入れっぱなしの方が電気代が少なくなるようです。
    一日中入れっぱなし及び一定温度に設定しているため,細かい設定や電源の切り忘れなどがまったく不要になり,まったく手間がかかりません。

     


    実際の運用にかかる電気代が心配でした。
    私の古い家ではオール電化ではなく,電気、ガス(調理用)、灯油(給湯+ストーブ)を使用していました。現在はオール電化でIH調理器+エコキュート+床暖房となっていますが,古い家の電気代と現在の電気使用総量はほぼ同じです。それどころか電気プランの関係(電化上手プラン導入)で約20000円→約15000円となりました!まだ3ヶ月あまりの使用で結論を出すのは早いとは思いますが,床暖房を使わない春から秋は,おそらくこの3分の2程度になると思われます。
    機械的には一定温度に維持するために外気温に左右されますので,外気温が低いときは頻繁に室外機が動くので消費電力が多くなります。今月のデータを見ると,最高気温10.4℃最低気温4.8℃だった1月5日は消費電力29.33kWhでしたが,最高気温4.7℃最低気温-2.3℃だった1月15日は消費電力量51.47kWhでした。また,11月の消費電力総量は767kWhだったのに12月は1011kWhとなっています。1月は寒い日が多くなったので,おそらく1200kWh近くになると思われます。ただ,太陽光発電の一部自家消費しますので,買電力量は1000kWh弱となり,古い家のときの最高値(2014年3月に1086kWh!)よりも下回りそうです。

     


    エアコンやファンヒーターと違い,空気の対流はほとんどない(実際にはあるだろうがほとんど感じないので)部屋全体がどこもじんわり暖かい,という感じです。上にも書きましたが設定は9段階の最低目盛り(おでかけモード)にしてありますので,「ポカポカはしないが寒さは感じない」という印象です。
    空気は乾燥しますので,各部屋に気温湿度計を置いて気温や湿度をチェックしています。そして部屋に観葉植物を置いたり,洗濯物をあえて室内干しにしたり,風呂の脱衣所の湿気をサーキュレーターで廊下に送風したりするなどの対策をとっています。

     


    今後,トラブルや故障など,不具合があってもどう対処してもらえるか,耐久年数や性能低下などの心配もありますので,じっくり見定めていこうかと考えています。その経過をこのブログで記録していけたらと思います。